NY在住。元テレビ局記者&新米主婦の徒然日記。地道に更新します。


by chika-ny
カレンダー

2010年 10月 25日 ( 1 )

Matthew Bourne's Swan Lake

見終わって、3日経つというのに
まだ、あの衝撃が忘れられません。
a0164088_8541640.jpg

それはMatthew Bourne's Swan Lakeを観に行った時のこと・・・。

映画「ビリーエリオット」の感動のラストシーンでもあるし、
トニー賞で3冠に輝いてもいるし、
男性が演じる白鳥だなんて、おもしろそーーー!!!

a0164088_8545460.jpgそんな、軽い気持ちで
出張帰りのTommyと共に
会場へ向いました。


開演ギリギリに到着。


下調べも、
周りを見渡す余裕さえなく着席する私達



これが、衝撃の発端でした。


←(ここに大きなヒントが!!!
  わかったあなたはエライ!)


前半は、ノーマルというか
すごく良かったんです。前半は。

舞台全体を使って物語が進むので、
どこを見ていいのか迷うほど。
装置も衣装もおしゃれで見ていて飽きないし
笑いどころもいっぱい!


ところが・・・・問題は、白鳥が出てきてから。
a0164088_8551554.gif
上半身裸なのは、解っていたことなんですけど!
これが、どうしても駄目でした。

特に、汗をかき始めたら最悪(しょうがないんだけどさ。)015.gif
生々しいのなんのって。

しかも、「シュッ!シュッッツ!」「ハァアアーー」と
息遣いまで聞かせる演出!
白鳥というか、男!男!
男くさすぎて、イヤーーーーー!!!

a0164088_8552874.jpg準主役の王子さまが、白鳥に恋をしだすと、
さらにエスカレート。
白鳥に顔をスリスリ、ナヨナヨ。


ひえええ・・・白鳥の汗が顔についたーーー(失神寸前)




と、ここで気が付きました。
まさか、マシューボーン(演出家)って、ゲイなのでは????
   ↑
(正解でした)

冷静に辺りを見回してみると、、
周りは男性のカップルがいっぱい。

恰幅のいいスキンヘッドの二人組みが、
顔を寄せ合いながら、目をキラキラさせているではありませんか072.gif


妙に納得。
Tommyは、ゲッソリ(笑)。



でもね、男性ダンサーをあんなにじっくりと
見られる演目ってなかなかないし、
(私はこの舞台を、バレエだとは思わないけれど)

チャイコフスキーの音楽を、
あそこまで違う演出に出来るのは、
もの凄い才能だなと思いました!!

「鬼才」と呼ばれるだけあります。



終ったあとは、すごいスタンディングオベーションでしたし。

ちゃんと心の準備をして望めば、楽しめるはず!?!?




久々に、普通のバレエも見たいなあ。
[PR]
by chika-ny | 2010-10-25 08:51 | ▼エンターテイメント