「ほっ」と。キャンペーン

NY在住。元テレビ局記者&新米主婦の徒然日記。地道に更新します。


by chika-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コロンビア大学周辺を歩いていると、毎回ギョッとさせられる建物があります。
a0164088_8151912.jpg
リバーサイド教会(riverside church)です。
どうです??この堂々たる存在感!
低い建物が多いこの地域で、ひとつだけニョキーーーっと聳え立っています。
普段教会に足を踏み入れることはめったにないけれど、存在感に引き寄せられ覗いてみました。



扉を開けた瞬間・・・・


a0164088_816193.jpg


全身に鳥肌が。。。。


あまりの綺麗さに、圧倒されました。
色鮮やかで精巧なステンドガラスの美しさはもちろん、
2万2000本ものパイプを持つパイプオルガンはなんともゴージャス。

a0164088_844818.jpgそれもそのはず。
この教会を建てたのは、
アメリカの超のつく大富豪ジョン・ロックフェラーの息子(2世)。


ベトナム戦争中に、キング牧師が反戦演説をした教会としても有名で
その知名度の高さと建物の素晴らしさから、
国連についで政治家が訪れる場所になっているのだとか。


あらー。全然知らなかった・・・。



興味が沸いて、ロックフェラー家について調べてみるとスケールの大きさに
これまたびっくり。

ジョン・ロックフェラーは、今のモービル石油などの前進「スタンダードオイル社」の創設者。
巨額の資産を蓄財して石油王と呼ばれたが、
(資産を現在の価値に換算すると、2,000億ドルに上ると推測emoticon-0104-surprised.gif
晩年は慈善事業に従事。

リバーサイド教会を建てた息子2世も同様で、教会や、大学を設立したり、
アメリカの国立・国定公園のために広大な土地を購入して寄贈したんだとか。


a0164088_911152.jpg
あの、ヨセミテや

a0164088_9132068.jpg
グランド・ティートンをですよ!!

スケールが違いすぎて、めまいがしそう。

ロックフェラー家の人生をかけた大自然。いつか拝みに行きたいものです。




それにしても、拝金、金権一辺倒の資本主義の世の中にあって、
アメリカの大富豪やセレブ達が、いや、一般の人でも使命感を持って慈善事業に従事する姿は
日本人の私からすると、驚きが大きい。

宗教観の違いも大きいと思うけれど、
たとえ、収入の10%だったとしても寄付する事できるかなあ・・・・


Riverside Church
490 Riverside Dr.
212-870-6700
※現在、展望台は開放していないそうです。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-31 10:02 | ▼NY生活
先週末、嬉しい再会がありました!
高校時代からの仲良しミナミが遊びに来てくれました。

ミナミは今、フィラデルフィア在住で5年ぶりの再会。
a0164088_8353219.jpg
透明感のある色白美人で、一見控えめな奥様に見えるミナミちゃんですが、、、



こうみえても(失礼)・・・・



小児科医!!!



なんていったって、彼女は私が人生で最初に出会った天才。
当時、自分の事を結構頭がいいと思っていた私は(←なんという勘違いemoticon-0136-giggle.gif
ミナミに出会って身の程を知ったわけです。
しかも、美人で性格良し、運動神経抜群でタフときてる・・・すごいでしょ?



そんな彼女も、今は二人の男の子のママで、3人目を妊娠中!!
そんな中、自ら運転し、ギャング二人を連れてNYまでやって来てくれたのです。
相変わらずタフやね~。


さて、ご希望は「日本風のおいしいスイーツと、ラーメン」との事。
a0164088_840514.jpgケーキ → フィナンシェ→ カップケーキ → ラーメンと
美味しいものを求めて、NY中を歩き回りました。


食べて、食べて、食べて、大笑い!


就職して、結婚して・・・環境も随分変わったのに
目の前のミナミは高校時代のままで、タイムスリップしたかのような不思議な感覚。


遠慮も何もない古い友達は、いいものですね。
懐かしくて、温かくて・・・本当に大切。


みなさんは、昔からの友達を大切にしてますか?


私は日ごろの不義理を反省しました。
まずは、季節の挨拶からはじめよっと!



ミナミ、今度はフィラデルフィアを案内してねemoticon-0152-heart.gif



そうそう。
お土産にいただいた、ナイアガラにあるPeller Estates wineryのアイスワイン。
すっご~~く美味しかったです!トロリとあま~くて、でもフレッシュで。どうもありがとう。
味見のつもりが、一気に半分も飲んでしまった・・・。
a0164088_8493659.jpg

カナダはアイスワインの生産が世界一なんですってね。
いつかナイアガラへ行ったら、大人買いしてこよう!!
[PR]
by chika-ny | 2010-07-27 08:34 | ▼NY生活
今週末まで、NYはレストランウィークで、
超有名レストランのランチが$24.07、ディナーでも$35ドルで食べることができます。
(ちなみに、$24.07は24時間 &7日間眠らない街NY!という意味らしい)
おかげで、この時期はレストランの話題でもちきり。


人気店の予約は、すぐに埋まってしまうから
レストランウィークの発表を前に、あたりをつけて予約を入れる方もいるんだとか!


私は毎度、「どこがいいかな~」って眺めているうちに逃しちゃう派emoticon-0138-thinking.gif


ところが、今回はグルメなお友達のお誘いで、初めて波に乗れる事ができました。

a0164088_14423360.jpg
Asiate
場所は、マンダリンオリエンタルの35階。
ジャンルは、ジャパニーズーフレンチのヒュージョン料理です。

”眺めのいいレストラン”と謳っているだけあって、確かに眺めは最高!
セントラルパークが一望できます!

天井が高い上に、全面ガラス張りだから開放感抜群で、
夕暮れ時や夜景だったら、きっと更にいい雰囲気に違いない!
ここなら、きっとデートが盛り上がるわemoticon-0152-heart.gif


a0164088_15102252.jpg

でもね、お料理が微妙・・・。私のセレクトは、鰹のたたき。
一緒にのりと、あられetcが乗っていたけれど味がバラバラで、無理やり和にしてる感がどうも。。
a0164088_15103555.jpg
これは、お豆のリゾット。上にトリュフが乗っいて豪華ではありますが、まあ普通。

この後のデザートはおいしかったけれど、全体としては・・・??


景色と、雰囲気を楽しむならいいかもしれません!


Asiate
80 Columbus Circle at 60th St. 35F
New York, NY 10023
Tel: 212-805-8881
[PR]
by chika-ny | 2010-07-23 14:14 | -----NYいい店うまい店
二日目。

a0164088_9155572.jpg
今に始まったことじゃないけれど、
旅の途中でファーマーズマーケットを見つけると、ウキウキする。
日本では、道の駅の野菜売り場。
a0164088_9171521.jpg
ハンプトンにも、たくさんありました。今の時期は、やっぱりスイカとトウモロコシがいっぱい!
a0164088_9195754.jpg
ひまわりも、めちゃめちゃ元気です。

大きなひまわりを小脇に抱え、バーベキューの野菜を大量買いする、
イケテルお婆ちゃまに遭遇したりして・・・ちょっと、住民になった気分になれるのが楽しい。



さてさて、今日の目的地はこちら。



a0164088_8515449.jpg
モントークにある灯台。
ロングアイランドの半島の最南端にあるため、青い海と広い海を見渡せます。
とはいえ、なんてことなかった。
時間がなければ、飛ばしていい場所かと思います。




それよりも、私がお勧めしたいのは・・・・



メインストリートのイーストハンプトンとサウスハンプトンの間ぐらいにある
フレンチレストラン&ベーカリー。(また、食べ物の話題ですみませんemoticon-0136-giggle.gif
a0164088_9505877.jpg
Pierre's
http://www.pierresbridgehampton.com/
ここの一角だけ、パリ~な雰囲気。

早朝に移動中、ベーカリーに人があふれていたのを見つけおやつの時間に寄ってみました。
(こういうのだけは、目ざといの!)

a0164088_9511553.jpg
時間がないので、テイクアウトで。
パイがサックサクで、クリームも本格的。
マンハッタンのベーカリーでこの味を探すほうが難しいかも。
さすがは、セレブの集まるハンプトン。食のレベルも高いですemoticon-0148-yes.gif


道すがら、ワイナリーによったりして・・・素敵なハンプトンともお別れ。
エレガントな雰囲気を堪能して、リッチな気分で帰ってきたのでした。
a0164088_1081533.jpg

我が家について、tommyが言ったこと。

「あ~。米食いて~~~。」

****************************************
参考情報

ハンプトンへは、車や電車といろんな行きかたがありますが、
今回はバス「hampton Jitney」を使いました。
http://www.hamptonjitney.com/cgi-bin/nav.cgi?page=home.html
マンハッタンのミッドタウン、アップタウンから1時間に2本出ていて
往復料金$53。ハンプトンまでは約2時間半。バスも綺麗で、とっても快適でした。

また、ハンプトン内の移動はレンタカーが必須で、人気があるため
早めの予約をお勧めします。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-22 10:21 | -----NY近郊
今回のプチ旅行での、一番の収穫はこのレストランに出会えたことかもしれません。
a0164088_7365089.jpg
Stone Creek Inn
自信を持ってお勧めします!!!
今夜にでも、車を走らせて食べに行きたいぐらいです。(持ってないけど)

a0164088_744464.jpgお料理も、雰囲気も、サービスも全てパーフェクトemoticon-0115-inlove.gif
マンハッタンから、わざわざ食べにいらっしゃる方もいるほどの
人気で、いい時間のお席はいっぱい。
a0164088_7473270.jpg
私たちは5時半からとちょっと早めの
ディナーになりました。
a0164088_7533266.jpg
一番おいしかったのが、このガスパチョ。臭みがまったくなくて、まろやかで、止まらないおいしさ。体に野菜のうまみが染み渡る感じ!?中央に乗っているのはクラブミートです。
a0164088_7535049.jpg
tommyセレクトは、クリスピー・カラマリサラダ(イカのサラダ)。
ジンジャーがピリッと効いているドレッシングが新鮮で、これも◎。
a0164088_754787.jpg
ポークチョップのグリルと自家製ソーセージ。かなりのボリュームで、全部は食べきれず。ジューシーで食べ応えもあるし、付け合せのアスパラの味が濃くて満足!
a0164088_7542688.jpg
子牛のグリル。こちらも、びっくりする大きさ。tommy夢中でかぶりついてました。
a0164088_88521.jpg
自家製シャーベットも、爽やかでおいしかった~。

オーナーシェフは、南フランス出身の方らしく
いわゆるアメリカンフレンチとは違って繊細。
地元の素材を使っているらしく、久々に野菜の濃い味を感じられたのがうれしかった!

レストランは一軒家で、二階部分にはオーナーが住んでいます。
だからなのか、エレガントなんだけれど、
アットホームな雰囲気もあって、大家族でテーブルを囲む様子が自然で素敵でした。


いつか、tommyママ&うちのママを連れて行ってあげたいなあ・・・


Stone Creek Inn
405 Montauk Highway, East Quogue, NY 11942 • 631-653-6770
http://www.stonecreekinn.com/
[PR]
by chika-ny | 2010-07-21 08:26 | -----NY近郊
去年、初めてNYの冬の強烈な寒さを知ってしまった我が家は、
今、焦っています。


なぜなら、冬は殆ど冬眠状態emoticon-0134-bear.gifemoticon-0134-bear.gifemoticon-0134-bear.gif


「夏のうちに、こなさないと!」というのが、最近のtommyの口癖で
週末が近づくと、「今週末は?」「どこ行くの?」とプレッシャーをかけてきます。
これ、結構辛いemoticon-0114-dull.gif。だって、ネタも尽きてくるんですもの。



先週、暑さでボーっとしていたら、あっという間に金曜日。
思いつきで、言ってみました。「うーーん。ハンプトンはいかが??」
a0164088_1321867.jpg
ハンプトン(Hampton)といえば・・・お部屋が20室以上あったり・・・
a0164088_1324144.jpg
当然のように、お庭に噴水やプールがあったり・・・
a0164088_133641.jpg
牧場ですか??と聞いちゃいそうな敷地だったり・・・と
超・超・超セレブの別荘が立ち並ぶリゾート地。
マンハッタンからは車で2時間半ほどのところにあります。

夏に1~2ヶ月バカンスを取り、ハンプトンでゆったりと過ごすというのが
リッチなニューヨーカーのステイタスなんだとか。
一等地のエリアには、スティーブン・スピルバーグやダナ・キャランなどの別荘も
あるんだそうです。
そういえば、「Sex and the City」でもキャリーたちが夏休みを過ごすシーンがあったっけ。




tommy「まあ、よくわからんけど、行こう!」




というわけで、レンタカーを借りて、まずはサウスハンプトンへ!
a0164088_13423757.jpg
特にビーチが綺麗で有名なエリアです。
緑にあふれていて、さすがに綺麗な街並み。
a0164088_13435129.jpg
途中、ワイナリーやひまわり畑を眺めつつ・・・
a0164088_13453293.jpg
ノスタルジックな風車や豪邸を眺めつつ・・・
a0164088_134639100.jpg
ついたのは、ハワイを抜いて全米一位に輝いたクーパーズビーチ(cooper's beach)!
真っ白な砂浜が永遠と続いていて、確かに綺麗!
海水はそんなに綺麗とはいえないけれど、きっと周りの雰囲気込みでの全米1位なのだと納得。

a0164088_13471851.jpg
それにしても、「人少なっ!!!」。芋洗い状態の日本の海って・・・?
アメリカの広大さを実感します。
a0164088_13523436.jpg
海水は、「あぁぁぁ」って言っちゃうほど冷たいらしい。
a0164088_13573343.jpg
そんな中、果敢にも海に立ち向かうおじさんが、
a0164088_13575537.jpg
消えた。

ハンプトンの波は、結構荒いので注意が必要です。

a0164088_1432095.jpg
サウスハンプトンのメインストリート。広くはないけれど、ブルジョア感が漂います。
有名ブランドやカフェ、おしゃれなデリもあってとっても雰囲気よし。日本で言えば軽井沢に少し近いかな。
a0164088_1441437.jpg
フェラーリ、フェラーリ、アストンマーチン。駐車場にはもちろん高級車です。
a0164088_1443651.jpg
でも、私気付いちゃいました。
a0164088_1445976.jpg
なんか、ダサくないemoticon-0127-lipssealed.gif
ハンプトンの男子ファッションは、シャツかポロシャツに短パン、足元はデッキシューズを素足履きという王道トラッドスタイルが主流みたい。
まあ、これはこれで、らしくていいのかしらん?

(明日につづく)
[PR]
by chika-ny | 2010-07-20 13:11 | -----NY近郊

結婚一周年でした。

a0164088_1135456.jpg
早いもので、我が家は結婚一周年を迎えましたemoticon-0123-party.gif
ホント、一年ってあっという間でした。
汗だくになりながらの結婚式は、昨日の事のように思い出せるもの。
皆様に、支えられて平和にやっています。ありがたや。ありがたやemoticon-0139-bow.gif


さて、この日嬉しいことがありました。
tommyが記念の花束を買って帰ってきてくれました!


飲み会続きで、まったく期待していなかった・・・というかすっかり忘れていただけに感激!!
深夜のデリで、お供え物ようなお花の中からユリをセレクトしたんだとか(笑)


3ヶ月前から、19日になると「あと、〇日だね♪」っていい続けた甲斐があったってもんですemoticon-0136-giggle.gif(当日自分が忘れたけど・・・)


女性っていくつになっても、記念日のお祝いって嬉しいものでしょう?
(段々、誰にも祝われなくなるし)
しかも、サプライズだったら最高。
夫婦でも、こういう気持ち大切にしたいものです。


これからも、我が家をよろしくお願いします。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-19 11:35 | ▼NY生活
思えば小さい頃の私の夢は、お花屋さんかケーキ屋さん。
a0164088_1132089.jpg
でも、なんとなく受験の波に乗り、大学で物理学を学び、
気が付いたらテレビ局の記者になっていました。(なんという一貫性のなさ・・・)

思っても見なかった展開だったけれど、
どっぷり漬かってみると、これが結構楽しくて。(辛いこと8割だけど・・・)
ずっと続けていくんだろうなって思っていました。

ところがtommyに出会い、結婚してNYで主婦に。
これまた、全く想像もしえなかった展開です。


もちろん、tommyのおかげで幸せですが
初めてどこにも所属しない立場になって、急に不安になりました。


流れに乗って、目の前の事を一生懸命にやる、楽しむ。
それが私のスタンスだったから、今の自由すぎる状況に戸惑っています。


「私って、何ができるんだっけ?」


今更、本当に今更、自分探しですemoticon-0138-thinking.gif


「私って、何が好きなんだっけ?」


一方の、tommyは小さい頃からカメラとおしゃべりが大好きで、アナウンサーを夢を見て一直線!
なりたいものに、なれないなんて思った事がないといいます。

彼を見ていると「なりたい」と言い続ければ、「いつかはなれる」と言うのは
あながち嘘じゃなさそうだけれど、
私には、なれた事よりも「好きで好きでしょうがない」という想いが羨ましいの。


そんなわけで、今、小さい頃からの「好き」をひっぱり出して本気度を計っています。
まずは、お花。

師匠は、超多忙なフローリストのchieさん。
ウィンドーのアレンジに惚れ、ゲリラ的にショップに押し入り?
レッスンを取り付けてから早8ヶ月。
毎回、洗練された素敵なアレンジを伝授してくれます!!
a0164088_11102299.jpg
詳しいレッスンに関してはまたにしますが、これはかなり「好き度」高い!
あとは、センスがあるか・・・emoticon-0133-wait.gif

a0164088_1115137.jpg
上から見るとこんな感じ。オランダからの大きなアジサイが主役であり、名脇役です。
あ・・・真ん中にちょと隙間が空いてる。。。。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-15 11:28 | ▼お花
ビーフコンソメのジュレ
a0164088_107963.jpg
私の英会話の先生は、80歳のおばあちゃんマージョリー。
苦手な英語を、なんとか続けられているのも彼女がいるからなんです。

彼女は、80歳にもかかわらず背筋はピンと伸び、凛としていて美しく、
頭脳明晰で、誰からも愛されるような女性。
未だにウォッカもタバコも嗜んじゃうパワフルな一面もあって、まさに私の憧れ。
その生き方を学びたい、話を聴きたい・・・という一心で頑張っています!
かなり、ゆっくりとね。


前置きが長くなりましたが、そのマージョリーが”目からウロコ”の
超簡単料理を伝授してくれたので、ご紹介します。
(ちなみに、彼女はお料理も上手)
本当に30秒で出来ます!


この時期にピッタリの”ビーフコンソメのジュレ”です。

【材料】
・キャンベル ビーフコンソメスープ
・レモン

a0164088_10282748.jpg

【作り方】
①コンソメスープを缶に入った状態で冷蔵庫に入れ1時間以上冷やす。
②缶を空けてスプーンで軽くかき混ぜて、器に盛る。
②レモンをギュっと絞る。

以上!emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif

レモンは多めに絞ると、より爽やかで◎。
あまりの簡単さに拍子抜けですが、食欲のなくなるこの季節にピッタリ!
サラダの上に乗せたり、生ハムの上に乗せても美味しいと思います。


さすが!合理的なアメリカ人らしいレシピだって思いません?


簡単&美味しい 万歳!
[PR]
by chika-ny | 2010-07-09 10:51 | -----レシピ
今更ですが、先週末のアメリカは独立記念日を挟んだビッグホリデーでした。

いざ、国内旅行へ!と意気込んでいたのに
tommyのお仕事上、今回の遠出は禁止emoticon-0114-dull.gif

おかげで、一日中DSの”桃鉄”(今更?)に明け暮れたりと、
さえない連休に危機感を募らせた私たちは、ワンデートリップに出かけることにしました。

行き先は、ファイアーアイランド(fire island)
マンハッタンから、電車とフェリーを乗りついでおよそ2時間のビーチです。

a0164088_682013.gif
AM9:00、ペンステーション駅に着くと、すでにビーチを目指す人たちの列が。
なんで分かるかって? それは、皆さんすでに水着を着てらっしゃるんですもの。
a0164088_6544452.jpg
しかも、椅子とパラソル持参。
a0164088_6591951.jpg
ね??やる気でしょ?

a0164088_7554884.jpg
ロングアイランド・レイルロード(LIRR)で、Bay Soreへ。
フェリーに乗り換え、およそ30分ほどで・・・
Fire Island のOcean Beachに到着!
a0164088_75831.jpg
いやん。とってもカワイイ街emoticon-0152-heart.gif。建物が低いから、空が広いし、なんといっても空気が綺麗!!
a0164088_81723.jpg
意外にも、駅前にはお店が沢山あります。レストランやバー、スーパー、そしてホテルも。独立記念日だったので、国旗が街中に掲げられ、祝日気分を盛り上げます。

a0164088_89147.jpg
道を一本入ると、別荘地が立ち並びます。



小鳥のさえずりとそよ風を楽しみながら・・・



てくてく歩いて、およそ10分。



緑のカーテンを抜けると・・・




そこは・・・




a0164088_8101276.jpg
海!!

真っ白な砂浜に、青い海!ここは南国だったかしらん?
日本の海水浴場とは違って、込み合ってもいないし、ゴミもなければ、うるさい音楽もない。
ゆ~ったりとした時間が流れていました。
NYなのにねえ。綺麗だわあ。
a0164088_8192132.jpg
アメリカ人に習って持参した、パラソルとシートをひいてゴロン。
ipodを聴きながら、読書を楽しんで・・・・これぞ、まさに、getawayでしょ!!
a0164088_824060.jpg
ビーチではみんなご機嫌emoticon-0152-heart.gif
a0164088_830281.jpg
一方、孤独に"castaway"(映画観た方には分かる?)するひとも。   イカダで何処へ・・・

ところで、海に殆どいないことにお気づきになりました?
真夏でも、水はめっちゃめちゃ冷たいんです。
果敢にもチャレンジしたtommyは「ア・ア・ア・アホか!!」って言いながら、
即刻退散してましたemoticon-0136-giggle.gif

a0164088_8342038.jpg
あまりにな~んにもないので、宣伝には空が使われてました!
こんなお洒落な広告なら、OK!雲だからすぐに消えちゃうけどね。

ちなみに、ファイアーアイランドはゲイの方々の楽園として有名なんですが、
私たちが行ったocean beachは一般向け(っていう表現でいいのか?)。
隣の、Fire Island Pineにはゲイコミュニティーが沢山あって熱々カップルたちが、
夜中まで盛り上がっているそうです。ちょっと見てみたい。


そうそう、ペンステーションでは必ず
フェリーやタクシーの料金込みのパッケージ切符を買ってくださいね。
(バラバラで買うと倍ほどの値段)
30ドルでgetawayです。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-07 07:50 | -----国内旅行