NY在住。元テレビ局記者&新米主婦の徒然日記。地道に更新します。


by chika-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨日から、トミーはカナダに出張です。
G8外相会合の取材。
しばし、一人暮らしです。

a0164088_14546.jpg
今日のNYはあいにくの雨。このところ暗い毎日なので、せめて家の中だけでも明るくね!と思って
友達を誘ってお花を買いに出かけました。

a0164088_1454579.jpg向かったのは、フラワーマーケット
マンハッタンの28丁目の
ブロードウェイから
7アベニューの間にあります。

生花や、枝物、花瓶、ラッピング用品などを売る
お花の専門店がずらり。

生花は基本的には卸売りが専門なのですが、一般客にも売ってくれるお店もあるんですよ!
ただし、AM11:00ぐらいまでにいかないと殆どが閉まってしまいます
お花屋さんの朝は早いですから。(AM3:00からの店も!)

たくさん並ぶお店の中で、一際にぎわっていたのがこちら。
a0164088_1423430.jpg

Associated Cut Flowers
131 West 28th Street
New York, New York 10001
212-695-6100
a0164088_14254195.jpg奥になが~い店内に、
敷き詰められるように、お花が並んでいます。

そのお花の美しいこと!
どれも、とっても新鮮で
イキイキ
しています。

見たことのないような珍しいお花もあって、
大・大・大興奮!
a0164088_14322571.jpg
一束、大体20ドル。

一束が大きいので
何人かで
分けた方がよさそうです。
a0164088_14383447.jpg
冷静さを失う中、選んだのはこの子達。

あまり、組み合わせを考えずにインスピレーションだけで決めてしまったため、
飾るのに苦労しました。
お花は、こんなに素敵なのに、
な~んか、決まらないんだよな~。

先生!!なにが、悪いんでしょ?
誰かおしえて。

a0164088_1444509.jpg
a0164088_1445382.jpg

[PR]
by chika-ny | 2010-03-30 14:51 | ▼お花

初! Metropolitan Opera

先日、メトロポリタンオペラに行ってきました。
オペラを見るのは初!(たぶん)

果たして、面白さが理解できるのか?
ほぼ、事前準備なしで臨みました。
a0164088_12331427.jpg

演目は、Hamlet。いきなり手ごわそうです。

メトロポリタンオペラには、ラッシュチケットといって通常$200ぐらいする席が
$20ドルで見られるチケット
があります!(なんという心の広さ!!!)
ただし、席はおよそ200席で先着順。
(ガラ公演・初演除く。月曜から木曜公演のみ、1人2枚まで)
開演2時間前販売ですが、お昼ごろから行列が出来始めます。

私たちも3時ごろから、参戦!a0164088_12461510.jpgすでに、40人ほどが並んでいました。
キャンプ用のいすを持参して、音楽を聴く人、
ネットサーフィンする人、新聞紙の上で爆睡している人も。

そばにいる人達の会話を盗み聞きしてみると、
「アイーダの●●がよかった」とか情報交換している模様。
どうやら常連さんも多いらしい。

そうよね。
毎回$200はニューヨーカーにだってお高いわよね。


なんて人間観察したりして、
オペラ前だというのに下世話な事を考えてたら、
あっという間にPM6時。
もちろん、手に入れました!ラッシュチケット♪


急いで家に着替えに帰り、お洒落して・・・
PM8:00の開演を目指します。
a0164088_1321541.jpg
PM 7:30 開場。夜の雰囲気は厳かで、背筋が伸びる美しさ。
a0164088_136239.jpg

扉を抜けると赤じゅうたんに、高価なシャンデリア。これぞ、オペラね~~と思ったら・・・
あれ?結構カジュアルな人多くない?
デニムにジャンパーなんて人もいて、ちょっとがっかり。
ハイソサエティの社交場を期待していたのに~。
これがアメリカらしさなのかしら・・・。
(もちろん、正装してる方もたくさんいらっしゃいます。)
a0164088_1312202.jpg
席についてみると、オーケストラ席(一階席)の前から20番目。しかも、空席があったため真ん中近くに移動できて、
かなりいい席です!
a0164088_13195361.jpg

PM11:30 見終わって・・・

言葉はドイツ語ですが、英語の字幕もあるのでちゃんと理解はできます。
でも、正直言ってミュージカルやバレエのような心躍る興奮、魅了される感覚は持てませんでした(泣)
あ~~~ん(大泣)
演目が暗いからでしょうか?

一度だけ、ハムレットの恋人OPHELIE役のMaria Petersenが
自殺する場面での狂乱の歌声は感動しましたけれど・・・。

なんだか、少し敗北感。
しょんぼりしながら帰りました。

また一つ、課題が増えちゃった。

違いが分かる女になるまで、ラッシュチケットで根気よく通おう。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-28 23:43 | ▼エンターテイメント

イチゴが恋しい季節。

アメリカのイチゴは、マズイ。
本当にマズイ。

春だし、旬だし・・・こんなに真っ赤だし♪なんて期待はほぼ100%裏切られます。


わかっているのに・・・やっぱり今日も買っちゃった。
日本の甘~いイチゴを想像して。
a0164088_1227060.jpg

結果。


・・・・やっぱり超~まず~~い!!


ゴリゴリして硬い上に、酸っぱくて甘みがないの。
こんなのイチゴじゃな~~い(涙)

しょうがなく、加工することにしました。
ジャムだと芸がない気がしたので、イチゴのマリネ


【材料】
イチゴ     10個
砂糖      大さじ1~1.5 (イチゴの甘さで調節)
バルサミコ酢  大さじ2

【作り方】
①イチゴを角切りにし、砂糖とバルサミコ酢を混ぜる。
②冷蔵庫に1時間以上寝かせる 

★バルサミコ酢は高いもの、甘さの強いものだと尚おいしいです。
 安いバルサミコ酢の場合は、甘さが出るまで煮詰めればOK。

あれば、ミントを混ぜて
アイスクリームに、ヨーグルトにかけていただきます!
超かんたん!
a0164088_12592990.jpg

爽やかで、おいしい♪
マズイイチゴに出会ってしまったときは、オススメです。



でもやっぱり、とちおとめ&あまおうが恋しい・・・
[PR]
by chika-ny | 2010-03-25 11:23 | -----レシピ

ボストン便りⅡ

二日目は雨。

これじゃ、テンションあがらないわ・・・と、
しょんぼり外に出てみて、びっくり。

雨に濡れ、どんよりした空気が、
街をよりイギリスっぽい素敵な雰囲気にさせていていたのです!
ラッキー!

降っても晴れても素敵なボストンです。

いざ!今回の旅行の一番の目的地 ボストン美術館 "museum of fine arts,boston"へ。
a0164088_3491094.jpg
なぜここに来たかったか?というと、なんと名古屋に姉妹館「名古屋ボストン美術館」があるからなんですねー!
何度も、原稿を書きにいったけれど、焦っててじっくり見たことがなかったんです。

a0164088_4144871.jpg世界有数規模の美術館で所蔵品は50万点以上。エジプト美術、
フランス印象派が充実している他、日本美術の優品が多いことで知られているそうです。

回ってみた感想。
私は大好きです
だって自由なんだも~~ん。

NYのメトロポリタン美術館ほど
広すぎないから、頑張れば一日で回れるし、
なにより空いていてゆったり見られます!

a0164088_4261596.jpg
警備員さんもうるさくなくて、こんなに近づいても何も言われないから、
ほとんどの作品をこの距離で見られました!

絵は遠くから見るもの・・・と言われるけれど、
気がつくといつもこの距離に。

画家が描いたときと同じ距離で見たほうが、
作者の気持ちに近づけるはず~っていうのが自論です。
(ほんと?)

ちなみに、見ているのはモネの絵です。




友達のスタイリスト・ピロちゃんが
「ボストン美術館のモネ。すげーよ!はんぱねーから見てきなよ!!」って
大絶賛して薦めてくれたけど、確かに半端なかったよ~~。


a0164088_4503472.jpg
ルノワール。この作品意外は、今東京の「ルノワール展」に行っているんだって。くやし~。
a0164088_4554171.jpg
エジブト美術の一つ。馬の頭のマグカップ。かっこいいような、気持ち悪いような・・・
a0164088_523414.jpg
もう一つ、食器ネタ。カレイのお皿?グラタン皿ぐらいの大きさ。これは、気持ち悪い。
a0164088_573090.jpg
えらくざっくりした日本庭園もあります。岡倉天心の名を冠した「天心園」。ちょっと、がっかり。
a0164088_5113945.jpg
ポール・ゴーギャン作 Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going?
これは、圧巻です。しばらく動けませんでした。私はどこに行くのか・・・ゴーギャンもわからなかったのか。
この作品、来月末から名古屋ボストン美術館へ行くそうです!

a0164088_5203443.jpg
展示が、多岐に渡るので見る人を飽きさせないボストン美術館。ちょっとした、世界旅行気分も味わえます。


そうそう。ボストン美術館へいらっしゃる方。
ご飯は必ず、中心部で済ませてきてくださいませ。
中にある、カフェはいまいちだし、周辺にはな~~~んにもありません。

「美術館の近くで、食べればいいじゃ~~ん」とNY気分で、降りたつと・・・痛い目にあいます。

結局私たちは、雨の中、二駅歩き続けようやくお店を発見。
a0164088_734771.jpgThe Mission Bar
724 Huntington Ave
Brigham Circle
Boston, MA, 02115


中に入ってみると、地元の人らしき人でいっぱい。
雰囲気のいいアイリッシュバーでした。

ならば、これを食べないとね。
a0164088_7134918.jpg

フィッシュ&チップス。

ところで、みなさんこの正しい食べ方って知っていました?

自称イギリス育ちのトミーが、自慢げに教えてくれました。
チップスにビネガーをドバドバっとかけて食べるんだそうです。
ドバドバっと。

おそるおそる食べてみると、あら?おいしい。
フライのくどさが緩和されて、フィッシュとのダブルフライでも
パクパクいけちゃうみたい。

フィッシュも、衣がカリッカリで、油の乗った白身が中からほろっと飛び出して
美味しかった。

この店、大当たりです!


旅行の前の下調べは好きなほうだけど、
行き当たりばったりで入ったお店が美味しいと、
掘り出し物を見つけた優越感に浸れるから、スケジュールには余裕を持たないとね~。


以上、充実のボストンの旅でした。
                                                                       おしまい。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-22 22:57 | -----国内旅行

ボストン便りⅠ

一泊二日でボストンに行ってきました。
ボストンへは、飛行機でも、電車でもいけるけれど、私たちはバスで。

ボストンまでの移動時間は4時間半と
どの交通手段もほとんどかわらないのに、値段が全然違うんです。
バスだと、片道約20ドル。
激安でしょう?

a0164088_15151478.jpg私たちが使ったのは、megabus。 penn station (31st,8av)から出ています。


ボストンは、17世紀にイギリスからやってきた清教徒が作った街で、
18世紀後半に起こった、独立戦争の重要な事件の舞台になった町。

というわけで、もちろん一番のみどころはフリーダムトレイルという観光名所めぐり。
a0164088_153241100.jpg

ですが、すぐに飽きてしまったので・・・a0164088_153513100.jpg



やっぱりこれ!クラムチャウダー
a0164088_15384724.jpg

マーケットプレイスと呼ばれる、ショッピングモールの中にある
シーフードレストランで食べましたが
意外にあっさりしていて、でも貝の味がしっかり出ていておいしかった!
カップからこぼれる程に注ぐワイルドさもいいですよね。

a0164088_15581956.jpg

満足したところで、再び観光名所へ。かの有名なハーバード大学です!
a0164088_162194.jpg

と、銅像に群がる日本人女子中学生の団体を発見!!我先にと、銅像の足にしがみついていました(笑)
これはジョン=ハーバードの銅像で、彼の靴を触るとハーバードの学生になって戻ってこれるという
言い伝えがあるのだとか・・・。頑張れ~学生!!

a0164088_16184268.jpg

続いては、ニューベリー通り。
ボストン1のお洒落な通りです。シャネル、カルティエなどの高級店から、GAPや古着屋さんもあります。友達が柴田倫世さんに会ったって言ってたなあ・・・。
a0164088_16242614.jpg
レンガの街並みは、まるでイギリス。
a0164088_16252486.jpg
お店もイギリスのお店がたくさん。観光名所じゃなくっても、歴史を感じられます!

a0164088_1629948.jpg

本日のメインイベント。ディナーはここ。
The Barking Crab 。地元の人にも人気というレビューを見ていってみました。
a0164088_16353946.jpg
大きなテントの中に、木の長テーブルがずらり。とってもカジュアル。いいかんじ!
しかも、食べ方が実にワイルド。

a0164088_16374348.jpg
隣のご夫人「いい?お皿にカニをはさんで」

a0164088_16405774.jpg
隣のご夫人「岩でおもいっきりたたくのよ!」

a0164088_1646316.jpg
隣のご夫人「ほらね!」



トミー(旦那です)「綺麗に割れた♪♪」



a0164088_1722682.jpg
ロブスターもカニも、プッリプリで、甘いの。
ちょっと塩が聞いてるので、溶かしバターをつけて食べてもgood!でした。
オススメです!




明日に続く。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-21 14:25 | -----国内旅行
一年で一番好きな季節 ””!がNYにも到来!

春を感じに、セントラルパークに行ってみました。

a0164088_1418176.jpg地面には、少しずつ芝生が生え始め、
お花もこの通り♪

世界一の大都会にありながら、それを全く
忘れさせるだけの規模と豊かさがある
セントラルパーク。
その植物達がが一斉に、空に向かって伸びようとしています!
このエネルギッシュなこと!

春のセントラルパークを、NY1のパワースポットに認定したいぐらい。


だからなのか? この日は、パーク中が大混雑でした。
a0164088_14495430.jpg
ランチをしたり、お昼ねしたり。気持ちよさそう。いつかやってみたいけれど、こんなに混んでると落ち着かないかも・・・
a0164088_15151818.jpg
子供達に大人気のアリスの銅像。みんな上りたくて、ソワソワしてます。
a0164088_15283032.jpg
ずっと鼻を触ろうと頑張ってる女の子。

ちなみに、アリスが座るきのこなど下の方が金色に変色しているのは、
登ろうとする子供たちの手によって、少しずつ磨かれていったからだそうです。

数十年後には、金色のアリスになるのかな?
そしたら、ここも間違いなくパワースポットになるな。

フフフ。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-20 23:42 | ▼NY生活
3月17日はSt. Patric's Day 。
アイルランドにキリスト教を広めた、パトリックさんの命日を祝う日で
世界中でお祭りが開かれるという。
なかでも、NYは世界一のパレードが行われる場所!!

世界一と聞けば、見逃すわけにはいきません。

a0164088_964726.jpg



a0164088_9315667.jpg パレードの時間は、なんと5時間以上!(AM11:00~PM4:00)
ミッドタウンからアッパーイーストの5番街を、
アイリッシュ音楽を演奏するマーチングバンドや
警察官、消防士などが、ひたすら行進します。
パレード自体は30分も見れは十分!?(ごめんなさい)
でしたが、面白いのが参加者たち。

この日は、アイルランドの国の色である緑を身につけるという習慣があるのですが本当にみんな個性豊か!見ているだけでも楽しくなっちゃいます!

a0164088_940124.jpg
                                パレードに急ぐ姉妹
a0164088_1071593.jpg
                               飲む前からこのテンション!
a0164088_1005058.jpg
                               おばあちゃんも・・・緑。
a0164088_101332.jpg
                                蛍光緑のタイツマン・・・              
a0164088_1015952.jpg
                                 ワンちゃんだって!! 
a0164088_1022622.jpg
                               グッズは出店でも手に入ります!


「へ~。世界にはこんなパレードがあるんだ~。勉強になるわ~。」と、
 大満足して帰る途中、ふと立ち止まった。

「せんとぱとりっく・・・?」

「なんか聞き覚えがあるんだよな・・・」




「あ・・・私!!取材したことあった(泣)」


このパレード・・・・名古屋・大須商店街でもやってます。(規模は全然違います。あしからず。)


                     
[PR]
by chika-ny | 2010-03-18 08:56 | ▼イベント系

ブログはじめました。

森下千佳、ついにブログをはじめました。

NYに来る前、大尊敬する方に「必ず、日記かブログに、日々感じたことを書き留めなさい!」と
助言を受けてきたのにもかかわらず、ほったらかして早7ヶ月。

7月後半に来た当初は、
道路からシューシュー噴出す謎の白い煙や、
地下鉄で、突然オペラを歌いだす女の子や、
公園に山ほどいる野生のリスに
飛び上がる程驚いたはずなのに・・・
今や全く無反応。

先月、何をしたかも鮮明に思い出すことが出来ない私。

や・やばい(汗)。

「だからいわんこっちゃない」と神の声が聞こえてきます。

日本とは大きく違うこの魅力的な街で、感じた驚きを忘れてしまったんじゃあもったいない。

日記が続いたことのない私ですが、
日々の暮らし、そして新たな発見を少しずつ書いていこうと思います。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-16 23:15