NY在住。元テレビ局記者&新米主婦の徒然日記。地道に更新します。


by chika-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:▼エンターテイメント( 9 )

やっぱり、天才でした。
a0164088_6493649.jpg
昨夜、カーネギーホールで行われた辻井伸行さんのコンサート。


力強くもあるけれど、
暖かく、優しい音色で、
ホンワカ幸せな気持ちになって帰ってきました。



2年前、まだ日本にいた頃に、
彼を取材する機会があって、
インタビューの最後に聞きました。


「将来の夢はなんですか?」


もちろん、私は、
ピアニストとしての展望を
想定していたのですが・・・・


「そうですね・・・いつか素敵な女性と、結婚することです!」


と辻井さん。


な、な、な、なんて、ピュアで神々しいemoticon-0111-blush.gif!!!


あまりに、衝撃的で
その後の言葉が続かなかったほど。


どの質問にも、じっくりと考えながら
本当に誠実に答えてくれ、
ご両親や周りへの感謝の気持ちを忘れない。


演奏だけでなく、その人柄も
人を惹きつけ止まないのだと思います。



いつしか、ピュアな心を忘れてしまったみなさーん。
辻井さんの音楽で、
心を洗われてみるのはいかがでしょうかemoticon-0110-tongueout.gif


a0164088_6495629.jpg

[PR]
by chika-ny | 2011-11-12 07:29 | ▼エンターテイメント

America's Got Talent

とにかく、観て下さい!!

斬新パフォーマンスで、見終わった後に我が家は拍手喝采でした!
何がどうなってるのか、きっと分からないから。

NBCのオーデション番組「America's Got Talent」の
Team iLuminateのパフォーマンスです。



凄くない?
イルミネーション、どこで消してるの?点けてるの?


他にも、凄腕、賑やかしなどなど
(高いところからビニールプールに落ちるのが技の人。
 目の中に錘を吊り下げてブルンブルンする人など・・・)
自由なアメリカらしい出場者は多いけれど、
こんなに圧倒されたのは初めて。


Team iLuminateの次のパフォーマンスに、期待!!



a0164088_13581461.jpgちなみに、「America's Got Talent」は
世界的に有名になった、スーザン・ボイルを生み出した
イギリスのオーデション番組「Britain's Got Talent」の
アメリカ版ですー。
[PR]
by chika-ny | 2011-08-05 14:13 | ▼エンターテイメント

オペラ、リベンジ。

去年初めて、「ハムレット」を観て、
あまりのつまらなさと(あくまで個人的感想です)暗さに
毛嫌いしていたオペラですが・・・


なんとなくそういう流れになり、
先週、「ラ・ボエム」を観てきました。
a0164088_15352821.jpg
期待せずに行ったのがよかったのか・・・。


これが、、、、


凄く良かったんです!
歌手にも、音楽にも、
それはそれは豪華な舞台にも、そして物語にも感動。
んなーーんて、素晴らしいemoticon-0148-yes.gifemoticon-0148-yes.gif


前回の落胆ぶりはなんだったんでしょ?


詳しい友人に聞けば、
「ラ・ボエム」「カルメン」「椿姫」「トゥーランドット」あたりは、
豪華でわかりやすく、初心者にはうってつけなんだとか。
なるほど、何事も事前のリサーチを怠ってはいけませんねえ。


そして、インターミッションの人間観察も面白い。
a0164088_15424253.jpg
こちら、リアルハウスワイブズ!?
アッパーイーストにいそうなの奥様方@メトのレストラン。
飲むは、食べるは、大迫力。おお、怖そ。
a0164088_154304.jpg
会社帰り風の男女。30代前半か?シャンパン片手に、画になります。


幕間に飲んで、寝ないのか?と思っていたら、
やはり、ウトウトしてる人を多数発見emoticon-0136-giggle.gif


なーんだ。みんな無理してるんじゃないのーー?
[PR]
by chika-ny | 2011-02-09 16:25 | ▼エンターテイメント

Matthew Bourne's Swan Lake

見終わって、3日経つというのに
まだ、あの衝撃が忘れられません。
a0164088_8541640.jpg

それはMatthew Bourne's Swan Lakeを観に行った時のこと・・・。

映画「ビリーエリオット」の感動のラストシーンでもあるし、
トニー賞で3冠に輝いてもいるし、
男性が演じる白鳥だなんて、おもしろそーーー!!!

a0164088_8545460.jpgそんな、軽い気持ちで
出張帰りのTommyと共に
会場へ向いました。


開演ギリギリに到着。


下調べも、
周りを見渡す余裕さえなく着席する私達



これが、衝撃の発端でした。


←(ここに大きなヒントが!!!
  わかったあなたはエライ!)


前半は、ノーマルというか
すごく良かったんです。前半は。

舞台全体を使って物語が進むので、
どこを見ていいのか迷うほど。
装置も衣装もおしゃれで見ていて飽きないし
笑いどころもいっぱい!


ところが・・・・問題は、白鳥が出てきてから。
a0164088_8551554.gif
上半身裸なのは、解っていたことなんですけど!
これが、どうしても駄目でした。

特に、汗をかき始めたら最悪(しょうがないんだけどさ。)emoticon-0114-dull.gif
生々しいのなんのって。

しかも、「シュッ!シュッッツ!」「ハァアアーー」と
息遣いまで聞かせる演出!
白鳥というか、男!男!
男くさすぎて、イヤーーーーー!!!

a0164088_8552874.jpg準主役の王子さまが、白鳥に恋をしだすと、
さらにエスカレート。
白鳥に顔をスリスリ、ナヨナヨ。


ひえええ・・・白鳥の汗が顔についたーーー(失神寸前)




と、ここで気が付きました。
まさか、マシューボーン(演出家)って、ゲイなのでは????
   ↑
(正解でした)

冷静に辺りを見回してみると、、
周りは男性のカップルがいっぱい。

恰幅のいいスキンヘッドの二人組みが、
顔を寄せ合いながら、目をキラキラさせているではありませんかemoticon-0171-star.gif


妙に納得。
Tommyは、ゲッソリ(笑)。



でもね、男性ダンサーをあんなにじっくりと
見られる演目ってなかなかないし、
(私はこの舞台を、バレエだとは思わないけれど)

チャイコフスキーの音楽を、
あそこまで違う演出に出来るのは、
もの凄い才能だなと思いました!!

「鬼才」と呼ばれるだけあります。



終ったあとは、すごいスタンディングオベーションでしたし。

ちゃんと心の準備をして望めば、楽しめるはず!?!?




久々に、普通のバレエも見たいなあ。
[PR]
by chika-ny | 2010-10-25 08:51 | ▼エンターテイメント
お化けのミュージカルってどうなの?と思いつつ、
なぜか、気になる。


飛んで行きたい程ではないけれど、
見逃せば後悔しそうな作品。


TKTSで50%OFFになったのを記念して?
先週、「ミュージカル ザ・アダムスファミリー」に行って来ました。
a0164088_12315534.jpg
平日だというのに、超満員!子供の顔もちらほら見えます。


emoticon-0159-music.gifダダダダン チッチッ  ダダダダン チッチッ


オープニングに、誰もが知っているあのテーマソングがかかると
手拍子で会場は大盛り上がり!

a0164088_11493125.jpgお父さん役の天才俳優ネイサン・レイン
(Nathan Lane)の存在感と演技は
もう「さすが!!」の一言だし、

お母さん役の怪女優ビビ・ニューワース
(Bebe Neuwirth)は、
映画の中から飛び出たかようにはまり役。

「最強キャスト!」と謳われるだけあるわ。
と、感動するも・・・・


見終わって一言・・・・


Tommy「最高にくだらないねーemoticon-0136-giggle.gif」。



あああ、あなた。言っちゃった・・・・黙っていたのに!!



言葉は悪いけれど、確かにそうなんです!
ミュージカルというより、コメディーショウ。


ブラックジョークと下ネタ満載で(なぜか、これだけはわかってしまう)
私の前に座っていた中学生らしき女の子達は、
5秒に1度椅子から転げ落ちそうになっていましたもの。


一方の私。
英語がついていけないのと、ギャグの感覚が違うのとで
イマイチ乗り切れないっ。

しかも、子供達がゲラゲラ笑っているのを見ると
結構落ち込むemoticon-0120-doh.gif


歌も踊りも少なめなので、ミュージカル!と思わなければ、
楽しめる作品だと思いました。(英語がわかればね~。)

a0164088_1241249.jpg
ところで、初めて並んだタイムズスクエアのTKTSの様子。
平日でも大行列です。


行列嫌いの私は、いつもSOUTH STREET SEAPORTまで出かけます。
ちょっと遠いけれど、全く並ばないし、午前11時から開いているのでオススメ!
a0164088_1242432.jpg
あ、でもタイムズスクエアTKTSだと、並んでいる間にパフォーマーを見れたり、
こんなバッジをもらえたりと、お得感はありましたけどね☆
[PR]
by chika-ny | 2010-10-15 13:14 | ▼エンターテイメント
ご想像通り、時差ぼけに苦しまされているチカです。

不本意ながら・・・時差ぼけは、
本当に二日目以降にやってきましたemoticon-0114-dull.gif



さて。



日本から可愛いお客さんが遊びに来てくれました。
女医さんの卵。Mちゃん。
研修の合間を縫って、3泊5日の強行軍です。


「なにかとストレス多いんで、ストレス解消にウッドベース始めたんですよ。」と語る
Mちゃんのリクエストは「本場のジャズ」!


あまり時間もないので、ジャズ演奏とおいしい食事が一度に楽しめる
ジャズ・スタンダード (Jazz Standard)に行ってきました。
a0164088_281655.jpg
1階がブルースモーク(Blue Smoke)というレストランで、地下がジャズ・クラブ。
レストランはスペア・リブなどバーベキューが有名で、ジャズクラブ内でも楽しめます。

a0164088_283096.jpg赤を基調の店内は雰囲気がよくて、カップルが多い印象。

そりゃあそうでしょうよ。

金夜に、サラッとこんな場所に
連れてこられたら
5割り増しに見えしまいそうですもの。

隣のカップルなんて、ジャズも
そこそこにずっと手を握り合っていましたわemoticon-0143-smirk.gif
この日のミュージシャンは
Joshua Redman Trio with Matt Penman & Gregory Hutchinson

ジャズはド素人なので、上手く説明できませんが
えっと・・・・凄くよかったです!!(私の表現力の限界)

目を瞑り、心のままに、
血管が浮き出るほどひたむきに、そして楽しげに3人(たまに4人)が
織り成す音楽からはエネルギーを感じたし、

ベートーベンの曲をアレンジしたジャズもあって
斬新なクリエイティブさに驚かされもしました。
(詳しくは、wikipediaをどうぞ。)



演奏が終わり、
「ジャズって心の音楽だね~emoticon-0155-flower.gif」と適当な感想を言う私に対し、


Mちゃん。

「医者にジャズファンが多い事に納得がいきました!
 ジャズって自由に演奏しているように見えますが、
 実はきっちりとしたコード進行があって、最後にはしっかりと収束するんです。
 そんな、ロジスティックな所が、理系の頭に心地がいいんだと思います!!」
と、なんとも論理的な感想。



そ、そうなんだ。

べ、勉強になりますっ!

聡明な女子との会話は、だから面白い。
Mちゃん、これに飽きずまた来てね。


あ、そうそう。
言うの忘れたけれど私も一応、理系ですemoticon-0148-yes.gif


得意分野は、美味しいもの探しだけどね。
a0164088_3213856.jpg
ベイビーバックリブのBBQは最高でした。


Jazz Standard
116 East 27th Street, New York, NY 10016
URL : http://www.jazzstandard.com/
[PR]
by chika-ny | 2010-10-03 03:34 | ▼エンターテイメント
念願のミュージカル"BILLY ELLIOT”を観て来ました。
a0164088_3411332.jpg
あの・・・私、もう、めちゃめちゃ感動しました!
個人的には今まで観たミュージカルの中で、一番好きです。
すっごく、すご~く良かった!!

a0164088_343630.jpg始まった直後から
引き込まれ、
笑い、感動し、涙し、
一秒たりとも気を抜く瞬間がないほど、
完成度が高い作品でした。


印象に残るシーンばかり
だったのだけど、
いくつかあげると・・・




オーデションに行くのを父親に反対されて、怒りや悲しみをぶつけるangry danceのシーン。
激しいタップダンスとともに、悲痛な叫び声をあげるビリーは
それはそれは迫力があって胸がギュッと締め付けられるような想いにemoticon-0153-brokenheart.gif

成長したビリーとの白鳥の湖は、息もぴったり合っていてとっても美しく、華麗さにうっとりemoticon-0109-kiss.gif。ロックっぽい、白鳥の音楽も斬新でカッコイイし。

さらに、お父さんがビリーへの愛情を歌い上げる場面は、涙・涙emoticon-0106-crying.gif

そして、最後の見せ場Electricity。
ビリーがピルエットで魅せるんですが、これがめちゃめちゃカッコイイの!
子供とは思えない迫力で会場から割れんばかりの拍手喝さいを巻き起こしていました。
本当に嬉しそうに笑顔でバレエを踊るビリーは、もう感動ものemoticon-0169-dance.gif


いや~本当に凄かった。


私が観た回のbillyを演じたのは、LIAM REDHEAD君。
子供だと思って侮るなかれ。凄い技術力と演技力の持ち主です。
でも、体は華奢で子供っぽくてカワイイのemoticon-0152-heart.gif

今、billyは5人交代制なので他のbillyの舞台も見てみたいな。
個人的には、billyと同じ境遇ので育ったACOB CLEMENTE君が気になる。


言葉はイギリス訛りでよく分からない所も多いんだけれど、
映画を観ていけば大丈夫!
私も、直前に見直して臨みました。


いや~~~本当によかった!


もう一回見に行きたいな~。


オススメ度  ★★★★★




【参考情報】

米演劇界の第63回トニー賞では、
ミュージカル「ビリー・エリオット」が作品賞など主要10部門を獲得した。
「ビリー・エリオット」は00年の英国映画「リトル・ダンサー」をミュージカル化した舞台。
不況下の84年の英国の炭鉱の街で、バレエダンサーを夢見る少年ビリーと、
彼を取り巻く炭鉱労働者の家族らを描く。
映画を監督したスティーブン・ダルドリーが演出賞を、
映画脚本も手がけたリー・ホールが脚本賞を受賞。
主演男優賞にはビリーをトリプルキャストで演じた10代の少年3人が選ばれた。

2009年6月9日 朝日新聞より
[PR]
by chika-ny | 2010-07-02 02:21 | ▼エンターテイメント

ミュージカル Fela!

a0164088_12271577.jpg
"Fela!"を観て来ました。
昨年からブロードウェイに進出して、注目されているミュージカルです。
a0164088_12352244.jpg平日の公演ということもあり、
空いているだろうと思いきや、
一時間前には入場を待つ長い客の列が。
驚いたことに、その半数が黒人です。
この光景は、他のミュージカルでは
見られない事。

それもそのはず。

ナイジェリア出身のミュージシャンであり、
黒人開放運動家でもある
フェラ・クティーの生涯を描いた
ミュージカルだからなのです。

出演者は全員黒人。
出資者も、ジェイ・Z(Jay-Z)や、
ウィル・スミス(Will Smith)なんですよ!


a0164088_12451598.jpg劇場に入ると、さっそく軽快な音楽が。

舞台装置は
わざと簡素に作られていて
まるでアフリカにいるかのような雰囲気。

幕もないし、豪華なセットが
多いブロードウェイの中では
新鮮な感じがしました。

a0164088_1323031.jpg
軽快なアフロビートにのって、観客はノリノリ!
歌とダンスでストーリーを展開していく他のミュージカルと違って、ライブに近い。
途中、観客全員が立ち上がって歌う場面もあって、音楽好きなら文句なしに楽しめます!!

ダンサーの鍛え上げられた肉体の美しいこと!
激しいアフリカのダンスシーンも見ものです!

女性なら、衣装も要チェック!
日本人の発想にはない、原色同士の組み合わせが凄くかわいいです。


200回以上も逮捕されながらも、歌で黒人開放運動を続けたフェラ。

このミュージカルは、ただのエンターテイメントではなく
彼の強いメッセージがこめられています。


熱いアフリカの音楽に圧倒された、あっという間の2時間半でしたemoticon-0105-wink.gif


個人的には一番好きなミュージカルではないけれど、面白いよ!
[PR]
by chika-ny | 2010-04-16 13:44 | ▼エンターテイメント

初! Metropolitan Opera

先日、メトロポリタンオペラに行ってきました。
オペラを見るのは初!(たぶん)

果たして、面白さが理解できるのか?
ほぼ、事前準備なしで臨みました。
a0164088_12331427.jpg

演目は、Hamlet。いきなり手ごわそうです。

メトロポリタンオペラには、ラッシュチケットといって通常$200ぐらいする席が
$20ドルで見られるチケット
があります!(なんという心の広さ!!!)
ただし、席はおよそ200席で先着順。
(ガラ公演・初演除く。月曜から木曜公演のみ、1人2枚まで)
開演2時間前販売ですが、お昼ごろから行列が出来始めます。

私たちも3時ごろから、参戦!a0164088_12461510.jpgすでに、40人ほどが並んでいました。
キャンプ用のいすを持参して、音楽を聴く人、
ネットサーフィンする人、新聞紙の上で爆睡している人も。

そばにいる人達の会話を盗み聞きしてみると、
「アイーダの●●がよかった」とか情報交換している模様。
どうやら常連さんも多いらしい。

そうよね。
毎回$200はニューヨーカーにだってお高いわよね。


なんて人間観察したりして、
オペラ前だというのに下世話な事を考えてたら、
あっという間にPM6時。
もちろん、手に入れました!ラッシュチケット♪


急いで家に着替えに帰り、お洒落して・・・
PM8:00の開演を目指します。
a0164088_1321541.jpg
PM 7:30 開場。夜の雰囲気は厳かで、背筋が伸びる美しさ。
a0164088_136239.jpg

扉を抜けると赤じゅうたんに、高価なシャンデリア。これぞ、オペラね~~と思ったら・・・
あれ?結構カジュアルな人多くない?
デニムにジャンパーなんて人もいて、ちょっとがっかり。
ハイソサエティの社交場を期待していたのに~。
これがアメリカらしさなのかしら・・・。
(もちろん、正装してる方もたくさんいらっしゃいます。)
a0164088_1312202.jpg
席についてみると、オーケストラ席(一階席)の前から20番目。しかも、空席があったため真ん中近くに移動できて、
かなりいい席です!
a0164088_13195361.jpg

PM11:30 見終わって・・・

言葉はドイツ語ですが、英語の字幕もあるのでちゃんと理解はできます。
でも、正直言ってミュージカルやバレエのような心躍る興奮、魅了される感覚は持てませんでした(泣)
あ~~~ん(大泣)
演目が暗いからでしょうか?

一度だけ、ハムレットの恋人OPHELIE役のMaria Petersenが
自殺する場面での狂乱の歌声は感動しましたけれど・・・。

なんだか、少し敗北感。
しょんぼりしながら帰りました。

また一つ、課題が増えちゃった。

違いが分かる女になるまで、ラッシュチケットで根気よく通おう。
[PR]
by chika-ny | 2010-03-28 23:43 | ▼エンターテイメント