NY在住。元テレビ局記者&新米主婦の徒然日記。地道に更新します。


by chika-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鳥肌ものの美しさ リバーサイド教会

コロンビア大学周辺を歩いていると、毎回ギョッとさせられる建物があります。
a0164088_8151912.jpg
リバーサイド教会(riverside church)です。
どうです??この堂々たる存在感!
低い建物が多いこの地域で、ひとつだけニョキーーーっと聳え立っています。
普段教会に足を踏み入れることはめったにないけれど、存在感に引き寄せられ覗いてみました。



扉を開けた瞬間・・・・


a0164088_816193.jpg


全身に鳥肌が。。。。


あまりの綺麗さに、圧倒されました。
色鮮やかで精巧なステンドガラスの美しさはもちろん、
2万2000本ものパイプを持つパイプオルガンはなんともゴージャス。

a0164088_844818.jpgそれもそのはず。
この教会を建てたのは、
アメリカの超のつく大富豪ジョン・ロックフェラーの息子(2世)。


ベトナム戦争中に、キング牧師が反戦演説をした教会としても有名で
その知名度の高さと建物の素晴らしさから、
国連についで政治家が訪れる場所になっているのだとか。


あらー。全然知らなかった・・・。



興味が沸いて、ロックフェラー家について調べてみるとスケールの大きさに
これまたびっくり。

ジョン・ロックフェラーは、今のモービル石油などの前進「スタンダードオイル社」の創設者。
巨額の資産を蓄財して石油王と呼ばれたが、
(資産を現在の価値に換算すると、2,000億ドルに上ると推測005.gif
晩年は慈善事業に従事。

リバーサイド教会を建てた息子2世も同様で、教会や、大学を設立したり、
アメリカの国立・国定公園のために広大な土地を購入して寄贈したんだとか。


a0164088_911152.jpg
あの、ヨセミテや

a0164088_9132068.jpg
グランド・ティートンをですよ!!

スケールが違いすぎて、めまいがしそう。

ロックフェラー家の人生をかけた大自然。いつか拝みに行きたいものです。




それにしても、拝金、金権一辺倒の資本主義の世の中にあって、
アメリカの大富豪やセレブ達が、いや、一般の人でも使命感を持って慈善事業に従事する姿は
日本人の私からすると、驚きが大きい。

宗教観の違いも大きいと思うけれど、
たとえ、収入の10%だったとしても寄付する事できるかなあ・・・・


Riverside Church
490 Riverside Dr.
212-870-6700
※現在、展望台は開放していないそうです。
[PR]
by chika-ny | 2010-07-31 10:02 | ▼NY生活